【デザインと素材】ナチュラルなエクステリアにするためのポイント |ブログ|株式会社ノエル 【デザインと素材】ナチュラルなエクステリアにするためのポイント |ブログ|株式会社ノエル

ノエル一宮店

blog

【デザインと素材】ナチュラルなエクステリアにするためのポイント

【デザインと素材】ナチュラルなエクステリアにするためのポイント

こんにちは、岐阜の外構設計デザイン事務ノエルです。

今回はナチュラルテイストにしたい場合のアイテム・素材をご紹介。
弊社ではがっつりナチュラル系というより、ちょっと上品目のナチュラルモダン系のご要望が多いです。

<デザイン編>
デザインとしては曲線を取り入れるとぐっと柔らかい印象になります。
でもやりすぎるとコテコテになるので注意。アプローチなんかが一番取り入れやすいかなと思います。
あとは門柱なんかもいいですね。

ちょっとすっきりとしたナチュラルモダンな感じが良ければデザインはシャープなまま、素材でナチュラル感を追加するのがおすすめ。割栗石なんかゴロゴロと置くと雰囲気がぐっと出ます。
植栽はできれば多めに配置したいですね。

<素材編>
①天然木や木目粗材
できれば天然木(ハードウッド)がおすすめ!
ナチュラルテイストにはかかせないですね。
ウッドフェンス・デッキは定番ですね。門柱に使ったり、ガーデンテラスもおすすめ。

②自然石
カットされたものより、自然のラインが残っているもののほうがよりナチュラルになります
貼り材や、乱形石、割栗石など。

③レンガ
アプローチや階段の蹴上、門柱のアクセントなんかにも。
駐車場の目地に使ったりもします。
四角いものから形のくずれたアンティークレンガも面白いです。

④塗り壁
ラフ目のぬり壁も相性◎。
白~明るめの色がおすすめ。
※ただし数年すると汚れも生じるので注意。

⑤枕木
本物の場合、冬場の凍結やメンテナンスには注意が必要。
コンクリート製やアルミ・樹脂性もおすすめ。

⑥モザイクタイル
可愛らしい印象になります。
広範囲にするよりは、ポイント使いがおしゃれ。
門柱のアクセントや、水回り、造作ベンチなんかにも。
四角形だけでなく、面白い形のものもありますね。
この例はシックな色でまとめたので、落ち着いた感じになりました。


⑥ナチュラルな小物類

サイズ感のわりに存在感が大きいのが表札やポスト、照明などの小物類。
ナチュラルテイストなものを。真鍮・アイアンなどの金属もお洒落ですし、
赤や黄色などポイントにカラーものをいれるとより可愛らしい印象になります。

ノエル 岐阜