ウッドデッキは人工木?天然木?本当に良いのは |ブログ|株式会社ノエル ウッドデッキは人工木?天然木?本当に良いのは |ブログ|株式会社ノエル

ノエル一宮店

blog

ウッドデッキは人工木?天然木?本当に良いのは

こんばんは!

岐阜の外構設計デザイン施工事務所ノエルです。

皆さんから良くご相談のあるウッドデッキについてですが

人工木?天然木?どちらが良いの

私は天然木をいつもご提案させて頂いております!

こちらはお客様が人工木が絶対に良いという方にムリに押しませんが

よくわからない方にはご提案したうえで最終的に天然木を採用される方が多いです。

まず人工木のメリット、デメリットを挙げていきます!

メリット

・樹脂なので腐る心配なし

・メーカー商品であり価格相場がハッキリしている

デメリット

・天然木の風合いがない

・樹脂なので反りはある ※天然木にも言えることですが、、、

・とにかく熱を持ちやすく熱くなる

現状世間では人工木を設置されている方の割合のほうが多いですが

樹脂のウッドデッキということで反りも出てきます。

もちろん天然木でも反りはでますが材質によって大きく差は出てきます。

次に天然木のメリット、デメリット

メリット

・天然木ならではの風合いや質感がある

・人工木より熱をもちにくい

デメリット

・劣化がある

・塗装した場合塗りなおしのメンテナンスがかかる

ざっくりピックアップしましたがこれくらいかと思います。

ささくれなどはどちらも出来ます

やはりデザイン性をもとめる上で本物の質感は大切にしています。

そして自分の本当に良いと思ったものをご提案させて頂いております

天然木の場合ですとハードウッドという固い質の木材があり

こちらを使用します。

有名なものですと、ウリン、イペ、イタウバなど船で使われていたりします。

さらに細かい特性でアクが出やすいなどの細かい違いもありますので、こちらはまたご紹介させて頂きます。

こちらは先日完了した天然木のイタウバ材を使用したウッドデッキ+目隠し+造作門扉です。

庭一面に貼り、材質を統一したことにより一体感のあるお庭

また詳細は次回ご紹介します