シンボルツリーを外構に設置するメリットとは?外構のクオリティを上げるために欠かせないシンボルツリーの存在 |ブログ|株式会社ノエル シンボルツリーを外構に設置するメリットとは?外構のクオリティを上げるために欠かせないシンボルツリーの存在 |ブログ|株式会社ノエル

ノエル一宮店

blog

シンボルツリーを外構に設置するメリットとは?外構のクオリティを上げるために欠かせないシンボルツリーの存在

シンボルツリーを外構に設置するメリットとは?外構のクオリティを上げるために欠かせないシンボルツリーの存在

夜景モダン外構

岐阜外構店のノエルです。
最近の外構では多くの場合、シンボルツリーが設置されています。
植栽満載の外構は美しいですがメンテナンスに手間がかかるため、ワンポイントにシンボルツリーを飾ることで最低限の植栽で外構を飾る。これがシンボルツリーの役割と言えるでしょう。
しかし、シンボルツリーは決して「とりあえず置いておくだけのもの」ではありません。

シンボルツリーが大事な場所にきちんと配置されているかどうかで外構全体の印象は大きく変わります。
今回は実例を用いてシンボルツリーがいかに庭や外構に影響を及ぼすのか、そしてどのようなメリットがあるのかを説明していきたいと思います。

外構の雰囲気やイメージを強調して表現するメリット

シンボルツリーには様々な設置メリットがありますが、一番わかりやすいのは外構デザインのテーマを明確に表現できるという点です。
画像はノエル岐阜が以前に施工したリゾート風の外構施工例ですが、全体像を見ずともシンボルツリーである『ヤシ』を一目見るだけで外構全体の雰囲気はなんとなくわかるはずです。
このように、外構のシンボルツリーにはその建物や外構全体のテーマを視覚的に表現するというメリットがあります。

こちらの和風外構ではモダンテイストに仕上げた門柱の裏に和風を感じさせるシンボルツリーを設置。
低木はモダンと和風を複合し、和モダンな印象を演出している例です。
このように、設置するだけで簡単に外構のテーマを訪問者に伝えることができるのはシンボルツリーならではのメリットと言えるでしょう。

モダンデザインにありがちな「自然不足」を回避するメリット

一般的にモダン外構とは『現代的な外構デザイン』という意味ですが、シンプルさを好むモダン外構では無駄を省き、植栽などもある程度数を抑えていくのが好まれる傾向にあります。
しかしそうなると厄介となるのが、『自然不足』
古くから自然と一体化して過ごしてきた日本人にとって、一切自然が存在しない外構や建物というのは親しみやすさがわきにくいかもしれません。

そこで役立つのがシンボルツリーです。
画像のように門柱の脇にシンボルツリーを添えることで『自然が少ない』といった印象を与えずにモダンテイストを表現しています。
モダン外構ではやたらめったらに植物を植えるよりも、こういったワンポイントなシンボルツリーで緑を取り入れたほうが美しくまとまる傾向にあるのでオススメです。

こちらも近い外構施工例です。
モダンデザインを維持しつつ、脇に設置したシンボルツリーで自然不足を回避しています。
あちこちに植栽を植える方法で自然不足を回避しようとすると、メンテナンスの手間がかなり増える他、スペースも圧迫してしまうのでモダン外構とは相性が悪くなりがちです。
(もちろん植栽をふんだんに活用したモダン外構も存在します)

こういったワンポイント活用ではメンテナンスの手間もかなり省かれる上にスペースも節約できる上に、デザインとしてもまとまりが生まれるのでオススメです。

目隠しとしてのシンボルツリー

画像の花壇の手前にはシンボルツリーが植えられています。
コンパクトなお庭で、目隠しフェンスと塀に囲まれたクローズドな設計のお庭となっています。
しかしさらにプライバシーを確保したいとのことでしたので、シンボルツリーを活用して無駄なスペースを取らないまま、ウッドデッキ部分が外部から視認できないように目隠しをしています。

目隠しフェンスと目隠しシンボルツリーでプライベート空間を確保。
それでいてシンボルツリーでおしゃれなアクセントも手に入れている例です。
わざとらしい目隠しよりも、こうしたさりげないシンボルツリーでの目隠しもよく見かける外構例でしょう。

まとめ

いかがでしょうか。
この記事では『テーマの象徴・強調』『モダンデザイン外構などにおける自然不足の回避』『おしゃれな目隠し』といったシンボルツリーのメリットを挙げていきましたが、もちろんデザイン的にシンボルツリーがあるとうまくまとまるというのもシンボルツリーのメリットと言えます。

植栽が全くないとやや寂しくなりがち。
しかし植栽だらけにすると今度は日々の管理や世話が大変。
こういったもどかしい点を解決してくれるのがシンボルツリーの魅力と言えます。